福岡市中央区天神の抜かない・痛くない歯医者

やすだ歯科保存治療クリニック

〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1-15-25 2F/3F (地下鉄天神駅 徒歩3分)

診療時間
9:30~13:30/15:00~20:00
(土曜日は17:00まで)
休診日
日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

092-714-3822

治療の流れ

iPS細胞による歯の再生

 

 京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学・生理学賞を受賞して、iPS細胞(人工多能性幹細胞)による再生医療に関心が高まっています。 iPS細胞とは、「受精卵のように、体中のあらゆる細胞になれる能力を持つ」という意味で、2006年に山中教授が世界で初めて作製しました。

 

 作製法を簡単に説明すると、皮膚などの大人の細胞を、いろいろな体の組織や臓器に成長できる「細胞の赤ちゃん」に初期化したということです。

 

 現在は、iPS細胞をもとに病気の原因の解明や、薬の開発、移植治療などの再生医療への活用を目指して研究がおこなわれています。

 

 歯科分野では、今年の2月に東北大学の研究グループが、世界で初めてiPS細胞から歯のエナメル質のもとになる細胞を作ることに成功したと報告しました。

 

 人の歯は、エナメル質、象牙質、セメント質からできていています。歯の表面を覆うエナメル質は人の体の中で最も硬い組織で、栄養を体にとりこみやすくするために、食べ物をしっかり噛むという大切な役割をもっています。しかし、一旦、虫歯が進行して治療のために削ったりしたら再生することはできません。今は、金属の銀歯やセラミックなどのクラウン、詰め物で修復しています。

 

 再生治療の研究が進んでいけば、いつかは失った歯が再生できる時代がくるかもしれません。


 それまでは、しっかり歯磨きをして虫歯や歯周病を予防して、自分の歯をできるだけ長持ちさせましょう。

歯の完全再生

 

これまでにヒトの歯の完全再生は成功していません。歯そのものが完全に再生されれば、虫歯になっても安心です。

 

 いまはまだ歯の周囲の骨の再生しかまだ成功していません。

 

 しかし、マウスに関して言えば歯の完全再生は2009年に成功しています。胎児のマウスから歯胚を取り出して培養し、成体マウスに埋め込み、歯周組織も含めてすべて再生することに成功しました。

 

 硬さも十分あり、外部の刺激によってきちんと痛みを感じることができる完全な歯の再生です。

 

 これが、人にも応用できる日が来るといいですね。

 

 

ティースバンク

 

 現在、虫歯になっていない親知らずや矯正のために抜いた歯を凍結保存して再利用するシステムが構築されています。

 

 抜いた歯を凍結保存してくれるので、将来的に虫歯や事故で歯を抜くことになった場合、自分の歯を移植することができます。

 

 広島大学では事業化された「ティースバンク」は、全国で数百件の歯科医院の協力があり、移植成功率も大変高いと報告されています。

 

 20年間の保存費用は、県内でおよそ10万円、県外で13万円です。

 

 もしものときに利用できる保険と思えば安いかもしれません。

 

 人の歯は、エナメル質、象牙質、セメント質からできていています。歯の表面を覆うエナメル質は人の体の中で最も硬い組織で、栄養を体にとりこみやすくするために、食べ物をしっかり噛むという大切な役割をもっています。しかし、一旦、虫歯が進行して治療のために削ったりしたら再生することはできません。今は、金属の銀歯やセラミックなどのクラウン、詰め物で修復しています。

 

 再生治療の研究が進んでいけば、いつかは失った歯が再生できる時代がくるかもしれません。


 それまでは、しっかり歯磨きをして虫歯や歯周病を予防して、自分の歯をできるだけ長持ちさせましょう。

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 ×
診療時間

午前 9:30~13:30
午後 15:00~20:00
(土曜日は17:00まで)

休診日

日曜日・祝日

 ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。
info@yasuda-hozonshika.jp

092-714-3822

アクセス

092-714-3822
住所

〒810-0001
福岡市中央区天神1-15-25
昭和通り橋口ビル2F/3F

アクセス

地下鉄天神駅 徒歩3分