福岡市中央区天神の抜かない・痛くない歯医者

やすだ歯科保存治療クリニック

〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1-15-25 2F/3F (地下鉄天神駅 徒歩3分)

診療時間
9:30~13:30/15:00~20:00
(土曜日は17:00まで)
休診日
日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

092-714-3822

歯周病は心臓病の原因

歯周病は

 

歯周病は日本人が最も多く罹患している疾患です。

 

 厚生労働省の調査によると、歯周病は25~34歳の若い世代ですでに約80%、45~54歳の中年層では88%もの人にその兆候がみられます。これほど歯周病の人が多いのに、それがどんな病気なのかはあまり知られていません。

 

 これは歯周病が初期にはほとんど痛みもなく、歯肉がちょっとはれたり、歯磨きのときに少し出血する程度なので、そのまま放置している人がほとんどだからでしょう。


 歯周病は、歯をささえる歯肉やその周辺組織が炎症を起こし、悪化するとしだいに歯槽骨が溶け、歯を失うことにもなる病気です。その原因となるのが、歯垢(プラーク)です。歯垢とは、実は歯周病菌という細菌のかたまりなのです。
 

 歯垢がたまると、歯周病菌の酵素や毒素によってまず歯肉が炎症を起こします。次いで歯と歯肉のすきま(歯周ポケット)に歯周病菌が増殖し、炎症が歯根膜や歯槽骨にまで及びます。この状態を放っておくと、歯がぐらつき、やがて抜け落ちてしまう怖い病気です。

 

 近年では、全身疾患との関連も多く報告されています。

歯周病と全身疾患

 

歯周病が、他の病気とも関連があることは、以前から知られていました。たとえば糖尿病やリウマチになると、細菌に対する免疫力が低下するため、歯周病が悪化します。


 逆に最近になって、歯周病になると心臓病や呼吸器疾患、糖尿病などになりやすいこともわかってきました。特に心臓病は、歯周病と密接な関係があります。


 歯周病菌は歯肉から血管をとおって心臓にも移動し、血管壁に炎症を起こします。すると炎症部分が動脈硬化を起こし心筋梗塞の引き金となるのです。動脈硬化の部分からは、肺炎クラミジアなどと並んで、歯周病菌が数多く発見されます。

 また呼吸器疾患については、歯周病菌をふくむ唾液が気管支から肺に入ると、肺炎を引き起こすことがあります。高齢者の場合は、唾液の誤飲をしやすいため、とくに注意が必要とされます。


 糖尿病については、歯周病菌に対する免疫反応から生じるサイトカインが、インスリンの働きを妨げることがわかってきました。歯周病があると糖尿病のリスクが高まるだけでなく、治療のときも血糖値のコントロールがむずかしくなります。


 歯周病菌だけがこうした病気の原因ではありませんが、要因のひとつであることがはっきりわかってきました。

歯周病菌が心筋梗塞を引き起こす?

 

歯周病の人はそうでない人に比べて、心筋梗塞などの心臓血管疾患にかかる確率が高いといわれています。

 

 最近、重視されているのは、脳梗塞、心筋梗塞や動脈硬化症などの原因となるアテローム血栓症です。このアテローム血栓症は、酸素や栄養を運ぶ太い動脈の中で血栓を作って症状を引き起こします。欧米に多く,日本には少ないと言われていましたが、生活習慣や食生活の変化とともに日本でも増加傾向にあります。

 

 この血栓を作る危険因子は、血管の損傷、喫煙、高コレステロール血症そして歯周病のような細菌感染です。歯周病原菌から遊離される内毒素は、歯肉から血管に侵入し、血管内に炎症を引き起こすため、血栓がつくられます。

 

 さらに、歯周病原菌は血小板を凝集させることから、血栓がつくられる可能性もあると言われています。

 

感染性心内膜炎との関連

 

血液によって運ばれた細菌が心臓の内側の膜(心内膜)や弁膜に感染して、炎症を起こすこともあります。これを感染性心内膜炎といい、発熱、心雑音、皮膚や白目の点状出血、関節痛、筋肉痛など、さまざまな症状が起こります。

 

 歯周病原因菌は、感染性心内膜炎を引き起こす細菌の一つと考えられています。

 

 感染性心内膜炎はそれほど多い病気ではありませんが、合併症を起こし命にかかわることもあります。心臓弁膜症や先天性の心臓病がある人などではとくに注意が必要で、口の中を清潔に保つことが大切です。

 

 しかし、乱暴にブラッシングするのは逆効果です。歯肉が傷つき、傷口から歯周病原因菌が血液中に侵入しやすくなってしまうからです。

心疾患との関連性

 

歯周病が心臓疾患と関連があるという報告が近年相次いで出されてきました。歯周病菌が心臓から検出されたという報告もこれを証明しています。

 

 しかし今回、アメリカ心臓学会は

 

 「歯周病が心疾患を引き起こすとは証明されていないし、歯磨きが心疾患を予防する効果も証明されていない。」 と声明を発表しました。

 

 これは、オーラルケア商品がこうした曖昧なデータを引用して誇大広告に利用していることに警告を発しているようです。

 

 関連があることを証明するのは簡単ですが、全く関係ないことを証明するのははるかに難しいことだと、研究してて思いました。

 

 個人的には、歯磨きに時間をかける人は、全身の健康にも気を使っているでしょうから、関係して当たり前なのでは。だからといって、歯磨き以上に運動・禁煙・食事のほうがはるかに重要でしょう。過度に不安を煽るのはいかがなものでしょうか。

インフルエンザ予防に歯磨き

 

インフルエンザの予防には、まず「うがいと手洗い」が有効といわれています。これは、風邪やインフルエンザのウイルスが手を介し、口を経て、のどに入り、感染することを示しています。

 

 呼吸器(気管、気管支、肺)の病気は、空気中の病原体を吸い込むことにより直接感染することもありますが、病原体がまず口に入り、そこからのどへと移動していくことが知られています。

 

 つまり、歯磨きにより口の中をきれいにすることにより、口の中で起こる病気だけでなく、呼吸器の病気も防げると考えられます。

 

 以前あるTV番組で、歯科衛生士がデイケアに通う高齢者の方に歯磨き指導を行ったところ、インフルエンザの発症率が10分の1になったという結果が放送されていました。

 

 歯磨きだけでインフルエンザには発症しないとは思いませんが、ある程度の効果はありそうです。

 

 というか、歯磨きしたらうがいもしますしね・・・

 

歯周病と糖尿病

 

現在、日本の糖尿病患者は予備軍を含め、約1,700万人といわれており、国民の5~6人に1人が患う国民病です。糖尿病にかかると、組織の抵抗力が落ちるだけでなく、歯周組織の修復能力も低下することから、歯周病が簡単に発症し悪化します。

 

 それだけでなく、歯周病菌のだす毒素により、さらに糖尿病が悪化するという悪循環に陥ります。この悪循環を断ちきるために、歯周病の治療が必要となるわけです

 

 実際、重度歯周炎を合併している糖尿病患者さんに歯周治療を行うことで、血糖コントロールが改善することがわかっています。

 

歯科の金属で脱毛

 

 現在アレルギー反応には様々なものがあり、スギ花粉やハウスダスト、食べ物などに拒絶反応が出てしまう方が増えてきているようです。

 

 そのなかで近年金属アレルギーが髪の生成を阻害してしまう研究が発表され一般的になっています。特にニッケルという金属についてのアレルギー反応は世界的に最も多いのですが、花粉アレルギーが一番に注目されてしまう日本では金属による影響が理解されないまま現在に至っているのが現状です。

 

 原因不明のまま「ある日突然に髪が異常なほど抜け始めてなくなってしまった…」という症例が多数報告されるようになり、報告者すべてに虫歯治療の詰め物にニッケルが使用されていたことが明らかになりました。

 

一般感覚では『金属アレルギーはアクセサリーやピアス等によるかぶれ』と考えてしまいがちですが、皮膚だけでなく発毛組織のケラチンにニッケル金属が結合して、発毛タン白を破壊するために円形脱毛が発症するというメカニズムが解明されました。

 

 ご心配な方は一度金属アレルギーのパッチテストを受けられ、陽性反応が出たらお口の中の金属を除去することをお勧めします。

 

歯を残すと寿命が変わる

 

 

今まで統計学の分野では、歯の残っている本数とその人の平均寿命を調べた研究がいくつもあります。

 

 

 そして、そのすべての研究で、「歯が残っている本数が多い人の方が平均寿命が長い」という結果が出ています。

 

 例えば、80歳の男女を対象とした福岡県の調査によると、歯が1本も残っていない人は20本以上残っている人に比べて約2倍も死亡のリスクが高いことがわかりました。

 

 こういった結果からも、健康で長生きするためには、歯を出来るだけ残す必要があるという事がいえます。

 

 また、噛むことの刺激が脳細胞にとってもいいようです。やすだ歯科では、健康寿命のためにもできるだけ残す治療を重視しています。

 歯イラスト.jpg

 

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 ×
診療時間

午前 9:30~13:30
午後 15:00~20:00
(土曜日は17:00まで)

休診日

日曜日・祝日

 ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。
info@yasuda-hozonshika.jp

092-714-3822

アクセス

092-714-3822
住所

〒810-0001
福岡市中央区天神1-15-25
昭和通り橋口ビル2F/3F

アクセス

地下鉄天神駅 徒歩3分