福岡市中央区天神の抜かない歯医者 福岡マウスピース矯正歯科

やすだ歯科保存治療クリニック

〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1-15-25 2F/3F (地下鉄天神駅 徒歩3分)

診療時間
9:30~13:30/15:00~20:00
(土曜日は17:00まで)
休診日
日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

092-714-3822

インビザライン・マウスピース矯正

マウスピース矯正

 

 「歯並びを矯正したいけど、矯正装置は目立つのでやりたくない。」という方のために、当院ではマウスピース矯正をお勧めしています。マウスピース矯正としては、インビザライン、アソアライナー、クリアアライナーなどが知られています。

 

 これまでの矯正治療はというとワイヤーなどの装置を歯の表面に装着するというのが一般的でした。しかし、近年ではマウスピース矯正の技術が向上して目立たないマウスピースを装着するだけで、歯並びを矯正することが可能となりました。

 

 マウスピース矯正の具体的な症例(治療期間や感想など)

   症例はこちら

マウスピース矯正のメリット

 

メリットその1 何より目立たない、見えない

 矯正治療を受診されている患者さんの半数が、矯正装置の外見上の不満を持っているといわれています。成人で矯正治療を希望しているが、「矯正装置が見えてしまうことに抵抗がある」方にとって、マウスピース矯正はそのニーズに応えることができます。

 

メリットその2 従来型の矯正装置のような違和感や口内炎を起こしにくい

 ワイヤーを使用する矯正では、ワイヤーが飛び出して粘膜を傷つけたり口内炎を併発することがよくあります。マウスピース矯正では、粘膜を傷つけたりすることはほとんどありません。

 また、何らかの問題が生じたときも患者さん自身で取り外すことができ安心です。

 

メリットその3 衛生管理がしやすい

 ワイヤー矯正装置では、お口の中の清掃が難しく虫歯を発生させてしまいます。歯並びは改善したのに、歯の表面が溶けて虫歯になってしまったというケースが多く報告されています。

 しかし、マウスピース矯正では食事の時にマウスピースを外して普通にブラッシングができるので、虫歯や歯周炎の発生を少なくできます。

マウスピース矯正の種類

 

 当院では、マウスピース矯正としてインビザラインアソアライナーの2種類を取り扱っています。

 

 前歯のみの歯並びが気になる方はアソアライナー、奥歯の噛み合わせも前歯も気になる方はインビザラインがお勧めです。

 

 症例によって各マウスピース矯正の治療費見積もりをお出ししますので、治療費や治療期間、来院回数などによって選択していただくことが可能です。

インビザライン

 

 インビザラインとは、米国のアライン社が患者様の歯型から歯科医師の指示に基づいてコンピュータを使って作製するマウスピース型の矯正装置です。現在では、世界100か国以上の国々で提供され、これまでに600万人を超える患者様がインビザライン治療を受けられています。

 

 2週間(1ステージ)ごとに新しいマウスピースに交換して徐々に歯を動かして歯並びを矯正します。これまでのマウスピース矯正は前歯などの簡単な症例のみに限定されていましたが、インビザライン治療の技術革新によりワイヤー矯正しかできなかった全顎矯正も可能になりました。

 

 最初に3次元スキャナーで患者様の歯型をとるだけで、新しいマウスピースを作るたびに型取りをする必要がありません。2~4ステージごとにマウスピースをお渡ししますので、約1~2か月に1回来院していただき矯正の進行具合、マウスピースの適合チェック、クリーニングや口腔内写真撮影を行います。

3次元スキャナー iTero element 2

 

 インビザライン治療に必要な歯型取りは、従来シリコン印象を使用していました。当院ではシリコン印象に代わる3次元スキャナー(iTero element 2)を導入しておりお口の中の写真を撮ることで精密にコンピュータ上に歯型を取り込みます。2019年に発売された最新スキャナーで、これまでのものに比べてより精密で迅速なスキャンが可能になりました。

 

 3次元スキャナーの使用には多くのメリットがあります。

1)精密:精密な歯型を取ることができ、より精密なマウスピースを作製できます。データの確認がすぐできるので追加でスキャンすることで何度も型取りをしなくて済みます。

 

2)快適:従来の歯型取りの材料を使用しないので、嘔吐反射が起きにくい、不快な味やにおいがしないなどの心配が少ない。

 

3)安全:材料を飲み込んだりしないのでお子様でも安心です。スキャナーの先端は取り外し式なので清潔で安全です。

 

4)迅速:患者さんの歯をその場でスキャンしてすぐに画面上に保存することができます。データをそのまま米国にメール送信するだけなので診断結果がでるまでが早い。通常のシリコン印象では米国に輸送する必要があるので2~4週間と時間がかかります。

左がシリコン印象、右がスキャナー

 これまでのシリコン印象はアナログ式なので、3次元スキャナーとはデジタル化した際の精密度が全く違います(右図参照)。インビザラインはデジタル化したデータを元に作製していくので精密に歯が取れていないとぴったり合ったマウスピースが作れないので、歯の移動にも影響を与え治療期間も変わってきます。アソアライナーはアルジネート印象材を使用しています。

 

 例えると、生の演奏をテープに一度録音したものをCDに焼いたものがシリコン印象、直接CDに録音したのが3次元スキャナーといったように全く質が異なってきますので、当院では最新機種である3次元スキャナーiTero element 2を導入しております。

 

 これまでのシリコン印象ではインビザライン治療の精度が劣り、治療期間にも影響を与えるため、当院では歯型を写真撮影する3次元スキャナーにこだわっています。

インビザライン治療の流れ

 

①カウンセリング

 患者様の歯並びの悩みや希望を伺い、歯並びを確認します。患者さんの中に疑問が残らないようにインビザライン治療について詳しく説明します。

 

②精密検査

 患者様の口腔内の状態を詳細に把握するために、レントゲン撮影、口腔内写真の撮影、3次元スキャナーにより歯型の採取を行います。

 

③治療計画の作製・診断

 アライン社にデータを送付し、患者様の希望を元にして治療後のシミュ―レーションが作成されます。この結果から治療期間や費用についてご説明します。同意書にサインを得た上で、マウスピース作製を開始します。

 

④マウスピースの装着、矯正治療開始

 マウスピースの取り扱いの注意事項を説明し、矯正治療を開始します。2週間で新しいマウスピースにご自分で交換していただき、その後は1~2ヶ月に1回程度来院していただきます。来院時に矯正の進行具合や新しいマウスピースのお渡し、クリーニング、口腔内写真の撮影などを行います。

 

⑤保定

 矯正が終了したら、歯が元に戻ろうとするので保定用のマウスピースを就寝時のみ装着します。保定用のワイヤーを装着する場合もあります。

インビザラインの治療費

*診査・診断時にどのくらいの治療費用・期間が必要かについて詳しくご説明します。

インビザライン治療費(税別)
診査・診断料(初回のみ) ¥20,000
基本料(初回のみ) ¥200,000~600,000
処置料(1ステージ) ¥1,000

 インビザラインの基本料は2~3年かかる症例であっても最大で60万円です。(インビザライン治療の相場は福岡で80~100万円、東京で100~150万円)

 基本料は分割払いも可能ですので、詳しくはご相談下さい。

 また、軽度な症例では基本料は20~40万円です。

オーソパルス 光加速矯正装置

オーソパルス

 より短期間で矯正治療をしたい方は多くおられます。結婚式などの大事なイベントを控えているのでより早く歯並びを綺麗にしたい方、引っ越しや留学の予定があるのでより短期間で矯正したい方など。

 

 一般的に矯正治療は約2~3年の期間がかかります。歯自体は比較的早く移動させることは可能ですが、歯根の周辺の骨再生はそれほど速くないため、安全に歯を早く移動させるのは難しいと考えられています。

 

 オーソパルスはカナダのバイオラックスリサーチ社によって開発された医療機器です。近赤外線を歯の周辺組織に照射することで、細胞中のミトコンドリアに働きかけ細胞エネルギーを活性化して骨再生を早くする効果が報告されました。これにより2年かかる矯正期間が半分の1年で終了することを可能にします。また矯正治療によって生じる痛みや不快感を軽減できます。

 

 オーソパルスはインビザラインの最新治療法で、その使用方法は上顎5分、下顎5分の1日計10分間噛んでおくだけです。マウスピース装置の交換を1週間ごとにできるので、50個のマウスピースでも1年以内で終了します。費用はインビザライン治療費にプラス15万円(税別)です。興味のある方は是非ご相談ください。

アソアライナー治療の流れ

①カウンセリング

 患者様の歯並びの悩みや希望を伺い、歯並びを確認します。患者さんの中に疑問が残らないようにアソアライナー治療について詳しく説明します。

 

②精密検査

 患者様の口腔内の状態を詳細に把握するために、レントゲン撮影、歯型の採取を行います。

 

③治療計画の作製・診断

 患者様の希望を元にして治療後のシミュ―レーションが作成されます。この結果から治療期間や費用についてご説明します。同意書にサインを得た上で、矯正治療を開始するため1回目のマウスピースの型取りを行います。

 

④マウスピースの装着、矯正治療開始

 次回来院時にマウスピー装着方法についての注意事項を説明し、矯正治療を開始します。マウスピースの型取りと装着で1か月に2回来院していただきます。来院時に歯並びの進行具合のチェックをしたり、新しいマウスピースの型取りや装着を行います。

 

⑤保定

 矯正が終了したら、歯が元に戻ろうとするので保定用のマウスピースを就寝時のみ装着します。保定用のワイヤーを装着する場合もあります。

アソアライナーの治療費

*診査・診断時にどのくらいの治療費用・期間が必要かについて詳しくご説明します。

アソアライナー治療費(税別)(上顎もしくは下顎の片顎)
診査・診断料(初回のみ) ¥10,000
基本料(初回のみ) ¥100,000
処置料(月1回) ¥15,000

 上顎のみで治療期間が6か月で約20万円かかります。

アソアライナーの症例

初診時の歯並び

 

<矯正症例1>

 30歳女性

 上顎前歯の歯並びを改善したい

 セットアップ模型による診断結果では10回でした。(つまり約10ヶ月)

 

 左上の2番目の歯がかなり内側にあるのが分かります。患者さんも本当に歯を抜かずに治るのか半信半疑でした。

2か月経過

 

 2ヶ月経過後

 

 歯を並べるためのスペースが足りないので、この時期は全体を外側に歯を動かしていきます。

 

4か月経過

 

 4ヶ月経過後

 

 このあたりから歯の動いているのが明らかになり、患者さんのモチベーションも上がってきました。

 

 

6か月経過

 

 6ヶ月経過後

 

 患者さんはマウスピースの装着にも慣れ、ほとんど苦痛はないようでした。マウスピースを外して普通にブラッシングができるのですが、定期的に歯石とりのためのクリーニングも行いました。

 

 

8か月経過

 

 8ヶ月経過後

 

 前歯がかなり並んできましたが、もう少しだけ左上2番目を外側に出していきます。

 

 

10か月経過

 

 10ヶ月経過後

 

 診断どおり10ヶ月で患者さんのほぼ希望通りの歯並びになりました。あとは、保定のために寝るときのみにマウスピースを装着します。

 

マウスピース矯正のQ&A

Q:自分の歯並びでマウスピース矯正が可能なのか?

 

A:マウスピース矯正が可能かどうか、正確な矯正期間については診査診断をして矯正後の歯並びのシミュレーションをする必要があり診断料がかかります。また骨や歯根の状態を確認するためにパノラマのレントゲンを撮影します。

 

Q:遠方に住んでいるのであまり通えないが矯正は可能か?

 

A:インビザライン治療であれば最初に型取りを1回するだけなので、マウスピースの装着時間がしっかり守れる方は数ヶ月に1回の来院でも治療は可能です。郵送でマウスピースをお送りすることも可能なので、長期間外国に行かれる方や転勤する可能性がある方でも矯正治療が可能になりました。

 

Q:成人でも矯正が可能か?

 

A:もちろん可能です。矯正治療には年齢的な制限はありませんマウスピース矯正などの装置の進歩により大人の方でも見た目を気にせず治療を受けられるようになりました。

 

Q:子供でも矯正が可能か?

 

A:乳歯と永久歯が混在する混合歯列期からマウスピース矯正が可能です。これまでは固定式の矯正装置によって行われていた1期治療がインビザラインファーストによって成長過程にある顎の発育をもサポートします。これにより2期治療である永久歯の矯正治療期間がより早く短くできるようになりました。

 

Q:どのような歯並びでも可能か?

 

A:現在では、マウスピース矯正によりほとんどの歯並びで矯正が可能です。これまでにマウスピース矯正ができなかったのは、ほんの数例です。しかし、骨格により外科矯正が必要な症例、抜歯が必要で難易度の高い症例、マウスピースを装着できる時間が短い方はワイヤー矯正をお勧めする場合があります。

 

Q:マウスピース装着で痛みはあるか?

 

A:矯正治療で歯を動かすためには、歯に持続的に圧力をかける必要があります。そのため、歯が浮いたように感じたり、硬いものを咬むと痛みを感じることがあります。ただし、この感じ方も、装置の種類や治療の時期などによって異なり、同じ装置でも痛みを感じる人とそうでない人がいます。マウスピース矯正では、歯が大きく動き始めた頃に多少痛みを感じることがあります。

 装着して1~2日が多少押される程度の痛みを感じるが、それ以降はほとんど気にならない方が多いです。

 

Q:マウスピース矯正のメリットとデメリットは何?

 

A:マウスピース矯正のメリットとしては、装置が目立たない、取り外しができる、違和感が少ない、治療費用が低価格、痛みが少ない、同時にホワイトニングができる、などがあげられます。

デメリットとしては、マウスピースの装着時間を守らないと矯正期間が長引くなどがあげられます。

 

Q:マウスピース矯正は本当に目立たないか?

 

A:矯正治療をしていることを周囲の人に気づかれることはほとんどありません。逆に誰にも気づかれないため、自らマウスピースを取り外して周りの方に見せているかたもおられます。写真撮影の時など気になる場合には、マウスピースを取り外すことができるのも大きなメリットです。

 

Q:マウスピースを装着してると話しにくくないか?

 

A:通常は問題なく会話することができます。矯正を始めた直後は、マウスピースの装着に少し慣れていただく必要があります。

マウスピース矯正は、マウスピースを取り外すことができますので、重要な会議や面接などの前に患者さまご自身の判断でマウスピースを取り外しておくことができます。

 

Q:虫歯になりやすくないか?

 

A:ワイヤー矯正と違って、歯磨きの時はマウスピースを取り外すことができますので、矯正前と変わらない状態でお口の清掃ができます。虫歯になりやすくなることはありません。食後は歯磨きとマウスピースの洗浄を行って下さい。

 ワイヤー矯正の場合、装置を装着した部位の歯が虫歯で白~褐色に変化したり、歯と歯の間がうまく磨けないので虫歯になることが多い傾向にあります。

 

Q:1日にどれくらいマウスピースを装着する必要があるか?

 

A:マウスピースは、1日20時間以上装着して下さい。基本的に食事中以外は装着するものとお考え下さい。歯を動かすためには、持続的に力をかける必要があります。そのため、装着時間が短いと歯が動きにくく、治療期間が長引くことがあります。

 長時間の装着で持続的に力を加えても、歯がもろくなったりボロボロになることはありません。一般的なワイヤー矯正ではマウスピースよりも強い力で、24時間力を加え続けるわけですから、全く問題ありません。

 

Q:1日8時間の装着でも問題ないか?

 

A:装着時間が8時間でも歯は動きますが、装着していない間にせっかく動いた歯が元に戻ってきてしまいます。そのため、1日20時間装着する場合に比べて倍以上の期間がかかってしまいます。1年で終了する患者さんが2年以上かかります。

   

Q:治療の期間はどれくらいかかるか?

 

A:歯並びの状態などにより異なります。一般的に、スペースが余っている「すきっ歯」の方のほうが、スペースが足りない「出っ歯」や「叢生」の方よりも早く終わります。

 

Q:マウスピース矯正の費用はどれくらいかかるか?

 

A:当院でのマウスピース矯正費用の総額(相談料、診査・診断料、基本料、処置料)は、片顎の矯正の場合で約20万円です(6ヶ月症例)、全顎矯正で約65万円です。インビザライン治療の相場は福岡で80~100万円、東京では100~150万円です。当院は、低費用で高品質のマウスピース矯正で、福岡県外からも多くの矯正治療患者様が来院されております。

 

Q:矯正の無料相談・無料診査は行っていますか?

 

A:申し訳ございませんが、当院では矯正の無料相談などは行っておりません。矯正治療を受けられる方の費用を少しでも低価格にするために、相談のみの方も費用が発生します。

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 ×
診療時間

午前 9:30~13:30
午後 15:00~20:00
(土曜日は17:00まで)

休診日

日曜日・祝日

 ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

092-714-3822

アクセス

住所

〒810-0001
福岡市中央区天神1-15-25
昭和通り橋口ビル2F/3F

アクセス

地下鉄天神駅 徒歩3分