福岡市中央区天神の抜かない・痛くない歯医者

やすだ歯科保存治療クリニック

〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1-15-25 2F/3F (地下鉄天神駅 徒歩3分)

診療時間
9:30~13:30/15:00~20:00
(土曜日は17:00まで)
休診日
日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

092-714-3822

保存治療

保存治療とは

 歯科保存治療とは、歯を抜くことなく、いつまでも自分の歯で噛めるように治療を行い、大切な歯を口の中に維持、保存し機能させていくことを目的とした歯科の一分野です。

 

 歯を失う主な原因としては、虫歯による歯の崩壊や、虫歯の放置により歯の神経が病気になって起こる歯の根の病気のほかに、歯と歯茎の隙間にプラークや歯石がたまり歯を支える骨が消失する歯周病があります。 歯科保存治療には、歯の崩壊による欠損部を補修する虫歯の治療、歯の神経の病気を治療する根っこの治療、歯を支える組織の病気を治療する歯周病の治療があります。当院では、できるだけを削らない、神経を取らない、歯を抜かない治療」を心がけています。 

ご自身の歯に勝るものはなし

 

ご自身の歯に勝るものはありません

 

 まず残すことを前提に治療をすすめます。 歯に着色が見られても、虫歯の進行が非常に遅くかつ目立たない部位では むやみに歯を削りません。歯は人の体でもっとも硬いエナメル質で覆われていますので、これを削ってしまうとさらに虫歯になりやすくなります。また、歯の神経はとってしまうと歯の寿命がかなり短くなることが分かっています。虫歯が深くても、抗菌薬療法などによってできるだけ神経を残す治療を最優先で考えます。また、歯周病で骨を失ってぐらぐらした歯もできるだけ残す治療を行います。

 しかし、残すことで他の歯に影響を及ぼす可能性が高いと判断した場合は、抜歯を勧めることがあります。

保存治療とは

 

 歯の溝に沿って進行中の虫歯があります(参考:上図)。

 

 銀歯の治療では、虫歯になりそうな部位はあらかじめ大きく歯を削ってしまいます(図の左側)。健康な歯も削るので、痛みが伴います。

 

 一方、保存治療ではできるだけ最小限に虫歯を削り、削った穴に白いプラスチックの詰め物をします(図の右側)。健康な歯は削らないので、痛みはほとんどありません。保存治療は、できるだけ歯を保存できるだけでなく、審美的にも歯の色に調和しているなど優れています。

 

 歯科医療の最前線に位置するアメリカでは、銀歯による治療は見た目だけでなく人体への影響などから現在ほとんど行われていません

 

歯を横から見たイラストです。この場合では、虫歯がエナメル質から象牙質まで進行しています。

 

 銀歯の治療では、歯の型をとる必要があるので歯のエナメル質を大きく削る必要があります。一方、保存治療では虫歯の部位のみを小さく削るので人体で最も硬いエナメル質を多く残すことができ、虫歯の予防にも繋がります

 

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 ×
診療時間

午前 9:30~13:30
午後 15:00~20:00
(土曜日は17:00まで)

休診日

日曜日・祝日

 ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。
info@yasuda-hozonshika.jp

092-714-3822

アクセス

092-714-3822
住所

〒810-0001
福岡市中央区天神1-15-25
昭和通り橋口ビル2F/3F

アクセス

地下鉄天神駅 徒歩3分